一般的な話でいえば、子供は法定相続人となるので、相続権が認められます。もし結婚して家から出ていたり、妻が離婚後に一緒に暮らしている子供などにも相続権はあります。

ただ、子供でも相続権が認められないことがあります。

まずそれは非摘出子の場合です。法律上の婚姻関係がない男女で子供をもうけると、摘出でない子(非摘出子)となり、父の間に法的な親子関係を形作るためには認知が必要となります。認知さえあれば相続権は認められますが、それでも法定相続分は摘出子の半分となります。

もし故人に配偶者、その子供、そして非摘出子が1人いた場合、法定相続分は配偶者が1/2、摘出子が1/3、非摘出子が1/6となります。現在は非摘出子が半分になるのは差別という意見があるので、将来的には見直される見込みとなっています。

次に養子縁組の問題もあります。血縁関係がない親子同士を、法律上の親子として認める制度です。

普通養子縁組であれば、容姿が実親との親子関係を存続していることになります。一方特別養子縁組だと血縁のある両親との関係が切れているので、養親と養子は実施と同じ扱いとなります。

特別養子の場合は実の親子と同様なので、通常通りの法定相続人となります。普通養子の場合は実の親とも親子関係が残っているので、実の親、養親両方の相続権を持つことになります。

cleanu93

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>