高齢の方たちの増加が進み、福祉の現場での看護師の重要性はとどまることを知らないのです。さらに巨大企業にもなると医務室に看護師がいて、健康面やストレスチェックなどのケアを受け付けています。
そんな場合は、その企業の一員になることもあるやもしれないでしょう。看護士を志望する動機は、実際に何が理由で看護師という職に就きたいと思うようになったのかを交えると印象がさらに良くなります。転職の時の志望理由は、これまでに培った経験を活かしたい、もっと人の役に立つような技術を習得したいなど、前向きで明るい印象を与えるものにしてください。以前の職場で不満に思ったことや悪口はいわないようにすることが最も大切です。

看護師の資格をもらうための国家試験は、1年に1度あります。
看護師の不足が問題となっている日本にとり、喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格の合格する割合は約90%と非常に高水準をキープしています。看護師の国家試験は、大学のような選抜するための試験ではなく、一定の水準をクリアできればパスが可能な試験です。看護師の方々が活躍する場と言われるとイメージとして病院がまず思い浮かべられるのが大概でしょう。しかし、看護師という資格を活かすことのできる場は、病院のみならず、他にも沢山あります。保健所で保健師という職業の方と連携し、周りで生活する人々の健康に関するケアを行うのも看護師の役目です。医師が福祉施設において常駐しているところは少なく、医療行為の多くは看護師が行っています。

看護師が転職を成功するためには、この先のことを考えて早い時期に行動することが必要です。

そして、何が大切であるかを決心しておいた方がいいでしょう。将来何になりたいのかを明確にして、人生設計に合った転職先のデータを少しずつ寄せ集めてください。

年収、職場環境、勤務形態など、自分には絶対必要な条件も想定しておきましょう。

cleanu93

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>